> 会社概要

商 号株式会社 エムシープロット・バイオテクノロジー
Medical Care Proteomics Biotechnology Co.,Ltd.
設 立平成18年8月1日
研究所石川県河北郡内灘町字大学1丁目1番地 金沢医科大学総合医学研究所内
代表者代表取締役社長 友杉 直久
資本金20,000,000円(平成26年6月)
役職員数5名(2014年8月1日現在)
事業内容プロテオミクス技術を用いた早期診断、健康管理システムの開発
創薬、健康食品開発、受託研究
(株)エムシープロット・バイオテクノロジーは、金沢医科大学の研究成果を基に発足した、金沢医科大学発の技術移転型バイオベンチャー企業です。代表取締役である友杉直久が世界に先駆けて開発した血中ヘプシジン測定法を用いて、がん・糖尿病・リウマチ・肝臓病・腎臓病などの病因解明に貢献すべく会社を設立するに至りました。
現在では、病気の原因や薬の効果を蛋白質レベルで解明する最先端のプロテオミクス技術を駆使して、臨床に基づくプロテオミクス研究成果を診療や健康管理の手段として応用することを目指しています。
2006年6月金沢医科大学に対して大学発ベンチャー企業の設立を申請
2006年8月1日会社設立
2006年8月15日ヘプシジン測定の論文がBlood誌に掲載
2006年12月22日石川県産学・産業間連携新豊かさ創造実用化プロジェクト事業開始
2008年4月1日経済産業省中小企業庁 経営革新計画の承認を取得
2008年10月7日革新的ベンチャービジネスコンテストいしかわ最優秀起業家賞受賞
2008年10月中外製薬と新薬候補因子探索の共同研究契約を締結
2009年3月旭化成クラレメディカルと医療機器素材開発の共同研究契約を締結
2014年7月グリ・コラーゲン(魚コラーゲン・トリペプチド)発売
2014年8月ルカーボン・ヌーボ(炭加工食品)発売